Lepton

  • ユニバのLeptonプログラムとは

Leptonは、現在の日本の英語教育における問題点を解決した、新しい学習メソッドです。TOEICテストやJETテストでのハイスコアを目指し、国際人として「使える英語を習得した日本人」を目指します。

 

小学2年で英検2級に合格したけれど!

昨年、当教室(Seven Seas English School)で英語を勉強している小学2年生の女の子が英検2級に合格しました。けれど・・・単語のスペルは書けない・・・マークシートだとできるけど・・・本当に役に立つ英語力は付いているのだろうかと・・・それから、悩むようになりました。

 お子様が、社会に出て活躍する頃には「英語力」は必須になっています。大学入試レベルの英語力のみならず、他国の人と渡り合う「コミュニケーション力」も同時に身に付けておかなければなりません。大学の入試も「センター試験」が廃止され「TOEFL」や「TOEIC」に移行することになるでしょう。

 ①遊びやゲームのような「英会話」では、意味がない。
 ②「中学英語」や「文法」だけできても、一生話せるようにならない。
 ③と、つの付く年(9歳)まででないと、聞き取りも発音も身に付きにくい。
 ④小学生の間にTOEIC600点を達成したい(楽天の社員のTOEIC基準600点)
 ⑤英語というスキルを磨くやり方なので、能力に左右されない(誰でも身に付く)

英語を「勉強」するのではなく、「身に付ける」力にして欲しい。
そんな想いから開発された英語教室、それがLEPTON教室です。

世界に飛び立つ入り口としての英語力は・・・

 ①1週間に2回が最適
 ②お月謝は、週2回で9,072円・週1回で7,128円
 ③JET(TOEICの小学生用)の受験が可能(京都ノートルダム学院等が学校採用)今の力が計れます。

9歳になるまで・・・小学入学前に始めることでずっと「英語」が好きで「英語」が使える人になります。

  • 使える英語を身に付けた日本人を目指して

Leptonでの英語学習の目的は、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランス良くトレーニングすることで、実際に使えるコミュニケーション英語能力を身につけることです。
このような口や耳、手などを使った技能学習は、スポーツや楽器などの体を用いた運動機能のトレーニングと非常に似ています。
コミュニケーション英語個別指導たとえば、自転車に乗れるようになる、泳げるようになる、ピアノが弾けるようになるのと同じで一定の基本を体で覚えれば、英語は一生使えるようになるのです。

母語の習得は、学校の成績とは関係ありません。
また、人によってスピードは異なりますが、時間をかければ必ず日常会話レベルに到達します。
母語の習得と同じような緩やかに進む学習環境をお子さまに作ってあげれば、無理なく英語を身に付けることができるはずという考えのもと、そのような学習環境と教育内容を提供し続けて参ります。

 

  • メディアからも注目されるメソッドです

2013年5月30日放送の「英語を小学校低学年でも」という特集内で、民間の英語教室の例として、ガウディア Lepton 戸塚西口教室(横浜市)の映像が流れました。上の写真は、残念ながらTV放送はされませんでしたが、生徒様たち皆で、記念ZIPポーズをしているところです。取材時、路面店の教室のまわりには、保護者様や、通りすがりの小・中学生などで人だかりができていました。実は、ほぼ同じタイミングで、他の民放キー局からも同様の取材の打診があったのですが、取材スケジュールの都合がつかず、流れてしまったというもったいないこともございました。時代の流れに敏感なマスコミのLeptionに対する注目度が高まってきている証拠ですね。